メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日米野球

壮行試合 侍打線、八回まで運休 反撃遅く台湾に敗北

 野球の日本代表「侍ジャパン」は7日、福岡・ヤフオクドームで、日米野球(9日開幕)の壮行試合として台湾代表と対戦、5-6で敗れた。稲葉篤紀監督が昨年就任して以降、年齢制限のない日本代表の敗戦は初めて。

 日本は五回、岩貞(阪神)が台湾打線につかまって5点を先取され、八回に高梨(楽天)がソロを浴びた。九回に山田哲(ヤクルト)の適時打などで5点を挙げたが及ばなかった。

 日米野球は、日本と米大リーグのオールスターチームが、東京ドームでの初戦を皮切りに計6試合を行う。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文882文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです