メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国税庁

消費税の軽減税率解説のQ&A集を拡充

コンビニ、スーパーで飲食料品を買う場合の消費税率は?

 国税庁は8日、2019年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率について、事例ごとに対象になるかどうかを解説したQ&A集を拡充した。コンビニエンスストアやスーパーなどが通路脇などに設置しているベンチに「飲食禁止」などと明示していない場合、飲食スペースとみなす方針を明確化。会計の際に客がそこで飲食すると答えた場合は軽減税率の対象外となる「外食」扱いとなり、10%の税率を課すことなどを盛り込んだ。

 軽減税率は、酒類を除く飲食料品の税率を8%に据え置く制度。持ち帰る場合は適用されるが、コンビニなど…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです