メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境アセスメント

四浦半島風力発電 「不適当」答申へ

二つの風力発電計画を議論した県環境影響評価技術審査会=大分市豊饒の県薬剤師会館で2018年11月7日、池内敬芳撮影

 大規模開発に際して環境アセスメント手続きを進める県の環境影響評価技術審査会(川野田実夫会長)が7日、大分市であり、国東市国見町と、佐伯・津久見両市境の四浦半島で浮上している風力発電計画を議論した。国見町内の計画は「適当ではない」とする答申をまとめる方針を決定。近く知事に答申し、知事は事業者に意見する。事業認可は経産相の権限だが地元の理解も必要で、計画に大きな影響を与えそうだ。【池内敬芳】

 環境アセスメントは、環境への影響を事業者自身が調査、公表し、住民や自治体の意見も聴いて改善する制度…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです