メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サル

市街地で目撃情報相次ぐ 専門家「近づかないで」

 大阪、兵庫両府県の市街地で10月下旬、サルの目撃情報が100件以上相次いだ。大阪府北部の山を下ったサルが大阪市内を西に移動し、兵庫県西宮市周辺から山に戻ったとみられる。移動距離は50キロ以上。専門家によると、サルは秋から冬にかけて繁殖期に入り、オスがメスを求めて市街地に迷い込んだ可能性がある。自治体の担当者らは「今後も出没する恐れがあるので近づかないで」と注意を呼び掛けている。

 発端は10月23日午後。大阪府豊中市の住宅街でサル1匹が歩いているとの目撃情報が市に寄せられ、25…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです