メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

日本政府「政策変化を注視」

 日本政府は、米国の与党・共和党が下院で過半数を失ったことが、年明けにも始まる日米通商交渉などに与える影響を注視している。2020年大統領選での再選を目指すトランプ氏が目に見える成果を上げるため、外交・通商政策で一層の強硬姿勢を打ち出す可能性もある。安倍晋三首相らは来日するペンス副大統領と13日に会談し、出方を探る構えだ。

 西村康稔官房副長官は大勢判明を受けた7日の記者会見で「日米同盟は揺るぎなく、引き続き米国とさまざま…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです