メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

おわび主体は「我々」超党派議連が法案骨子

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの議員立法による救済策を検討している超党派の議員連盟は7日、法案の骨子を発表した。対象者や一時金支給の仕組みは10月に与党ワーキングチーム(WT)がまとめた基本方針と同じで、与党WT案ではあいまいだった被害者へのおわびの主体は、政府や国会を含め国民全体を意味する「我々」とした。

 議連は今後、被害者側の弁護団などの意見を聞きつつ、与党WTと法案の一本化に向け調整。来年の通常国会…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1018文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  3. 衆院沖縄3区補選 屋良氏の初当選が確実 辺野古移設「反対」民意示す
  4. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです