メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆参予算委

野党追及、戦略欠く 守る政府、議論深まらず

衆院予算委で目立った「守りの答弁」

 第4次安倍改造内閣発足後初の衆参予算委員会での基本的質疑は7日、計4日間の日程を終えた。野党は「在庫一掃内閣」などと批判し、片山さつき地方創生担当相の「口利き」疑惑などを突いたが、「個人個人が好きなことだけを質問する」(中堅議員)との姿勢も目立ち、戦略性を欠いた。外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案でも野党は「生煮えだ」と迫ったが、政府は「守り」の答弁でかわし、議論は深まらなかった。

 片山氏は7日の参院予算委でも釈明に追われた。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです