メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆参予算委

野党追及、戦略欠く 守る政府、議論深まらず

衆院予算委で目立った「守りの答弁」

 第4次安倍改造内閣発足後初の衆参予算委員会での基本的質疑は7日、計4日間の日程を終えた。野党は「在庫一掃内閣」などと批判し、片山さつき地方創生担当相の「口利き」疑惑などを突いたが、「個人個人が好きなことだけを質問する」(中堅議員)との姿勢も目立ち、戦略性を欠いた。外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案でも野党は「生煮えだ」と迫ったが、政府は「守り」の答弁でかわし、議論は深まらなかった。

 片山氏は7日の参院予算委でも釈明に追われた。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです