メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆参予算委

野党追及、戦略欠く 守る政府、議論深まらず

衆院予算委で目立った「守りの答弁」

 第4次安倍改造内閣発足後初の衆参予算委員会での基本的質疑は7日、計4日間の日程を終えた。野党は「在庫一掃内閣」などと批判し、片山さつき地方創生担当相の「口利き」疑惑などを突いたが、「個人個人が好きなことだけを質問する」(中堅議員)との姿勢も目立ち、戦略性を欠いた。外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案でも野党は「生煮えだ」と迫ったが、政府は「守り」の答弁でかわし、議論は深まらなかった。

 片山氏は7日の参院予算委でも釈明に追われた。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  2. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです