メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工訴訟

新日鉄住金に近く申し入れ 原告団が記者会見

 【ソウル堀山明子】韓国人元徴用工に強制労働をさせたとして韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた10月末の確定判決で、原告団と日韓双方の支援団体は7日、ソウル市内で記者会見し、近く原告代理人が新日鉄住金の本社を訪れ、判決に従うよう申し入れると明らかにした。同社の回答などを見て、韓国資産の差し押さえ申請や追加訴訟の扱いについて判断をするという。

 日本側支援団体は、新日鉄住金が原告敗訴を差し戻す最高裁判決(2012年5月)の翌月に開かれた株主総…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです