メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選

保護主義志向、拍車かかる可能性 民主も重視

米中間選挙で民主党が下院の過半数を奪還したことを喜ぶ同党下院トップ、ペロシ院内総務=ワシントンで2018年11月6日、ロイター

 【ワシントン中井正裕】通商政策では、民主党も伝統的に国内産業保護を重視しており、トランプ氏の保護主義的な姿勢に拍車がかかる可能性もある。

 トランプ氏は大型減税や規制緩和を共和党の支持で押し切ってきたが、今後はねじれ議会で政策運営が難しくなる。一方、通商交渉は議会の委任を受けて大統領が行えるため、さらに力を注ぐことになりそうだ。

 交渉でまとめた通商協定の批准には上下院それぞれの承認が必要で、下院民主党の対応が注目される。試金石となるのが、カナダ、メキシコと改定に合意した北米自由貿易協定(NAFTA)の承認手続きだ。年明けにも審議が始まるが、米国に無関税で輸出できる自動車を一定水準に制限する「数量制限」が盛り込まれるなど、米国内産業に有利な内容だ。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです