メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選

保護主義志向、拍車かかる可能性 民主も重視

米中間選挙で民主党が下院の過半数を奪還したことを喜ぶ同党下院トップ、ペロシ院内総務=ワシントンで2018年11月6日、ロイター

 【ワシントン中井正裕】通商政策では、民主党も伝統的に国内産業保護を重視しており、トランプ氏の保護主義的な姿勢に拍車がかかる可能性もある。

 トランプ氏は大型減税や規制緩和を共和党の支持で押し切ってきたが、今後はねじれ議会で政策運営が難しくなる。一方、通商交渉は議会の委任を受けて大統領が行えるため、さらに力を注ぐことになりそうだ。

 交渉でまとめた通商協定の批准には上下院それぞれの承認が必要で、下院民主党の対応が注目される。試金石…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです