メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャラバン

「移民にチャンスを」変化望み米国目指す

ウレアさん(左)に体を洗ってもらう長男ホルヘちゃん=メキシコ市で11月6日、山本太一撮影

 約6000人収容できるスタジアムにテントやマット、毛布が並ぶ。ホンジュラスなどからの移民集団「キャラバン」の参加者約4500人は、米国へのルート上最大の中継地点となっているメキシコ市で、思い思いに体を休めていた。一家3人で加わったホンジュラス人、ホルヘ・ウレアさん(24)は疲れを癒やしくつろぎながらも、「早く前に進みたい」と気をもんでいた。

 ホンジュラス北部サンペドロスラで大工をしていたウレアさんは、ここ3年ほど臨時雇いの仕事しかなく、一帯を支配するギャングとのトラブルで親族数人も殺害された。他の参加者と同様、貧困と治安の悪化から逃れるため妻シンディさん(25)、長男ホルヘちゃん(4)と米国行きを決断した。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです