立冬

北海道で初雪なし 28年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道庁前のイチョウ並木は積雪もなく、落ち葉が道を埋めていた=札幌市中央区で2018年11月7日午後2時12分、竹内幹撮影
北海道庁前のイチョウ並木は積雪もなく、落ち葉が道を埋めていた=札幌市中央区で2018年11月7日午後2時12分、竹内幹撮影

 立冬の7日、暦の上で冬が始まるが、北海道では平野部を中心に初雪が遅れている。札幌管区気象台など道内にある気象庁の関連8カ所でまだ観測しておらず、日本気象協会北海道支社によると、7日時点で初雪が1カ所もないのは1990年以来28年ぶりという。

 11月に入っても高気圧に覆われて寒気が入りにくく、週末も南から暖かい空気が道内に入り込み、気温の高い日が続くという。昨年の初雪は旭川市(平年値10月23日)…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集