メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田純平さん

紛争地の声を伝える意義は 一問一答

自身が拘束されていた建物の構造などを図で説明しながら、インタビューに答えるジャーナリストの安田純平さん=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2018年11月7日、手塚耕一郎撮影

 内戦下のシリアで武装勢力に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が7日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。安田さんとの主なやりとりは以下の通り。

--帰国後はどう過ごしたか。

 ◆(11月2日の)記者会見の前日まで病院でメディカルチェックを受けた。胃と十二指腸に潰瘍ができていて、生水を飲んでいた関係で感染したという話だった。夜になるとせき込み、息が苦しくなる。相当弱っているのではないかという気がしている。あとは、歯ぎしりが原因で歯が割れていて、歯を抜いた。無意識に歯を食いしばっていた影響もあるのかなと。

この記事は有料記事です。

残り2055文字(全文2329文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです