メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

救えクロツラヘラサギ 山口に保護センター

きらら浜自然観察公園の干潟に設置したクロツラヘラサギの保護施設を説明する原田量介園長=山口市阿知須で、松田栄二郎撮影

 山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須)に24日、絶滅危惧種である渡り鳥クロツラヘラサギを保護する国内初の施設「日本クロツラヘラサギ保護・リハビリセンター」が開所する。山口湾に面した公園の干潟約8ヘクタールは国内越冬地の北限で、その一角に公園の指定管理者「NPO法人野鳥やまぐち」が、民間基金の助成を受けて設置した。衰弱で飛べなくなるなどした場合に受け入れ、自然に近い環境で野生復帰を目指す。

 クロツラヘラサギはトキ科の鳥で、黒い顔とへら状の細長いくちばしが特徴だ。朝鮮半島や中国で繁殖し、台…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです