メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

救えクロツラヘラサギ 山口に保護センター

きらら浜自然観察公園の干潟に設置したクロツラヘラサギの保護施設を説明する原田量介園長=山口市阿知須で、松田栄二郎撮影

 山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須)に24日、絶滅危惧種である渡り鳥クロツラヘラサギを保護する国内初の施設「日本クロツラヘラサギ保護・リハビリセンター」が開所する。山口湾に面した公園の干潟約8ヘクタールは国内越冬地の北限で、その一角に公園の指定管理者「NPO法人野鳥やまぐち」が、民間基金の助成を受けて設置した。衰弱で飛べなくなるなどした場合に受け入れ、自然に近い環境で野生復帰を目指す。

 クロツラヘラサギはトキ科の鳥で、黒い顔とへら状の細長いくちばしが特徴だ。朝鮮半島や中国で繁殖し、台湾、香港、日本などで越冬する。朝鮮戦争で生息地が荒れるなどして1980年代には数百羽まで減り、近年は保護活動で回復しているものの、環境省のレッドデータブックで2番目に絶滅の恐れが高い区分の「絶滅危惧1B類」に指定されている。国内では今年1月、九州・山口各県を中心に計508羽の越冬が確認された。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです