メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

稀勢の里、出稽古で妙義龍を圧倒

大相撲九州場所に向け、境川部屋での出稽古(げいこ)で妙義龍(右)を相手に力強い相撲を取る稀勢の里=福岡県大野城市で2018年11月7日午前10時2分、吉見裕都撮影

 大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)で復活優勝を目指す横綱・稀勢の里が7日、福岡県大野城市の境川部屋に出稽古(げいこ)に赴き、前頭筆頭の妙義龍を三番稽古で圧倒した。腰の重さと力強さが戻ってきた横綱は「いい稽古だった」と心地よさそうに汗をぬぐった。

 地力のある妙義龍を相手に15番を取り、13勝2敗。得意の左からの攻めに加え、一方的に寄り切る場面もあり、順調な仕上がり具合をみせた。2日は二所ノ関一門の連合稽古、6日も九重部屋へと精力的に稽古に出向き、本場所…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです