メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米野球

侍ジャパン5-6で台湾に敗れる 壮行試合

 野球の日本代表「侍ジャパン」は7日、福岡・ヤフオクドームで、日米野球(9日開幕)の壮行試合として台湾代表と対戦、5-6で敗れた。稲葉篤紀監督が昨年就任して以降、年齢制限のない日本代表の敗戦は初めて。

 日本は五回、岩貞(阪神)が台湾打線につかまって5点を先取され、八回に高梨(楽天)がソロを浴びた。九回に山田哲(ヤクルト)の適時打などで5点を挙げたが及ばなかった。

 日米野球は、日本と米大リーグのオールスターチームが、東京ドームでの初戦を皮切りに計6試合を行う。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです