連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

「沖縄に寄り添う」安倍首相は言うけれど 不都合な「民意」は無視?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=川田雅浩撮影
=川田雅浩撮影

 考えさせられた。安倍晋三首相が臨時国会で行った所信表明演説である。大正時代の宰相・原敬の「常に民意の存するところを考察すべし」との言葉を引用しつつ、謙虚な政権運営をアピールした。この政権にとって「民意」とは何か? 秋の夜長に問うてみた。【吉井理記】

 国会図書館で、原が所属した立憲政友会の機関誌「政友」の復刻版を見つけた。

 原の「常に民意を……」という言葉、原が首相就任直後の1918年10月5日、同会協議員会で行った演説を収めた「政友」223号(同年10月25日発行)にあった。第一次世界大戦のさなか、政権運営の在り方を説いたものだが、「平民宰相 原敬伝説」の著書がある評論家の佐高信さんは「安倍首相が原の言葉を引用した? おこがましいな」と苦笑いである。

この記事は有料記事です。

残り3223文字(全文3553文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集