メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

生きてるだけで、愛。 苦しさの凝縮、胸打つ

 作品のパンフレットに「ラブストーリー」とあるが、これは恋愛映画ではない。

 主人公の寧子(趣里)は人付き合いにしても、仕事にしても「うまくやる」ことができない。自分を変えたいとは思うものの、毎朝布団から出られず、バイトもできない。自己嫌悪のストレスは、一緒に暮らす津奈木(菅田将暉)に当たり散らして解消する。

 彼女は周囲に、うつ状態とそう状態に交互に襲われるのだと明かしているが、彼女が抱える問題の本質はそこ…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです