メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・トピックス

ポルトの恋人たち 時の記憶

 1760年、リスボン大地震から復興中のポルトガル。奴隷として働く日本人宗次(柄本佑)は、使用人のマリアナ(アナ・モレイラ)と恋に落ちる。宗次は主人の不興を買って虐待され、やがて殺された。復讐(ふくしゅう)を決意したマリアナは……。後半は2021年、東京五輪後の日本。マリナ(モレイラの2役)の日系ブラジル人の夫幸四郎が、勤め先の工場の人員整理で職を失い自殺に追いこまれた。その担当者柊次(柄本の2役)は、幸四郎の妻と知らずマリナと出会う。

 日本とポルトガルの合作。261年を隔てた二つの愛憎劇が、相似形で展開する。両国の巨大地震を交錯させ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです