メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

勝敗超え輝きたい 高橋大輔、滑らか現役復帰

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)=関大KFSC=が4年ぶりの現役生活を順調に滑り出した。7月に復帰を表明すると、国内2大会で右肩上がりの結果を残し、来月の全日本選手権(大阪)の出場権をつかんだ。ブランクをはねのけ、再び輝きを放ち始めた。【福田智沙】

 名古屋市で3、4日にあった西日本選手権。高橋はフリーの演技で軽やかにステップを踏み、トリプルアクセル(3回転半)を2本成功させた。復帰戦となった先月の近畿選手権(3位)からジャンプを修正して優勝。「意欲が湧く。どこまで成長できるか希望を持てる」。拍手を浴び、心地いい汗を流した。

 昨年の全日本選手権は、テレビキャスターとしてリンクにいた。輝いていたのは、平昌五輪の代表切符を争う…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです