メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

5首長が協議会発足 JR室蘭線の存続へ助言 /北海道

 JR北海道が単独では維持困難とする室蘭線(沼ノ端-岩見沢間、67・0キロ)について、胆振、空知の沿線5市町の首長による「JR室蘭線活性化連絡協議会」(会長=松野哲・岩見沢市長)が8日、発足した。JRが存続のため今年度中の策定を目指す線区別事業計画(アクションプラン)に対し、利用促進策や経費の削減策などを助言する。

 岩見沢市内であった初会合後、5市町の首長が記者会見。松野会長は「プランに地域の意見を盛り込む」と述…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです