メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュースプラス

木造船漂着急増 台風、暖流が影響か 北朝鮮漁船、操業範囲拡大も /北海道

 日本海沿岸で今年も、北朝鮮の漁船とみられる木造船の漂流や漂着が相次いで見つかっている。8日にも寿都町沖で新たに1隻が確認された。第1管区海上保安本部(小樽市)のまとめでは6日現在で今年すでに29件で、昨年1年間の6件の約5倍に。急増の原因について、専門家などは、日本海を通過する台風が多かった点や対馬暖流の強まりという気象面のほか、北朝鮮漁船の操業範囲の拡大も指摘する。【山田泰雄、山下智恵】

 昨年11月には北朝鮮の木造船の乗組員が、一時漂着した松前町の無人島で漁業者の避難小屋の家電などを盗…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1008文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです