子どもナビゲーター

支援件数、想定の倍 9月末で77件 千葉市、増員へ /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経済的困窮や生活習慣の乱れなど困難を抱える家庭の児童・生徒らを支援しようと千葉市が1月に設置した「子どもナビゲーター」による支援件数が9月末までに77件に上った。当初の想定は年間約40件で、すでに2倍近い。ナビゲーターは現在1人だけだが、市は増員する方針。

 ナビゲーターは、稲毛保健福祉センター(同市稲毛区)に社会福祉士と精神保健福祉士の有資格者1人を配置。学校や市の出先機関などから情報提供を受けて子どもや保護者と面会し、必要な…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集