メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/15 ペットと葬式 供養する日本人の心は… /東京

4年前、東京都世田谷区・感応寺で行われた合同ペット供養。祭壇には遺骨と遺影が飾られている=鵜飼秀徳さん提供

 九州に住む80代の母は、20年たった今も愛犬ゴンが死んだときの話をする。あの日、だんだん動かなくなって冷たくなった。毛布にくるんで焼いてもらって、みんな一緒のペット合葬墓に入れた。「一人ずつの墓はあったとにね。そっちに入れてやりゃよかった……」。亡父の墓参りに行く途中、ペット霊園の前を通るたびに、同じ話を繰り返す。

 京都・嵯峨にある寺の副住職でジャーナリストでもある鵜飼秀徳さん(44)が出したばかりの「ペットと葬…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです