メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新酒

香住鶴、きょうから販売 伝統技法で甘さと辛さ調和 /兵庫

香住鶴の新酒第1弾「しぼりたて 山廃 生酒」=兵庫県香美町香住区で、高田房二郎撮影

 香美町香住区の「香住鶴」は、今シーズンの新酒第1弾となる冬季限定の「しぼりたて 山廃 生酒」を9日から販売する。

 「生〓(きもと)・山廃」の伝統技法で、9月初旬から醸造。県産の酒米「五百万石」を使い、68%に精米した。蔵出しの新酒をそのまま瓶詰めしたことで、芳醇(ほうじゅん)な甘さと、しゃんとした…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです