メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化祭

夜間学級に触れる 畝傍夜中生徒ら発案、教員も支援 4カ国の家庭料理販売 18日、初の開催 橿原 /奈良

 橿原市大久保町の市立畝傍中学校夜間学級が18日、「畝傍夜中(やちゅう)文化祭」を初開催する。学齢期に義務教育を受けられなかった人たちが学ぶ夜間学級を市民らに知ってもらう狙い。生徒の発案で教員や支援団体も一緒になって準備し、生徒たちが家庭で作っている4カ国の料理を披露する企画などを練っている。【藤原弘】

 夜間学級は、市立畝傍北小学校の敷地内にあり、文化祭は18日午前10時~午後3時。夜間学級と交流のある畝傍中の吹奏楽部が演奏し、オープニングを飾る。生徒たちが作った韓国の総菜「チャプチェ」や、おやつ感覚で食べられるブラジルの「パスティオ」などの料理を販売し、レシピも紹介する。生徒を紹介する新聞の掲示、生徒にインタビューするなどして製作されたビデオの上映もある。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです