メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

小田川堤防、本格復旧始まる 来年6月にも完了 HPで進ちょく公開 /岡山

小田川堤防の本格的な復旧工事が始まり、応急処置の盛り土を撤去するショベルカー=岡山県倉敷市真備町地区で、高橋祐貴撮影

 7月の西日本豪雨で決壊した小田川の堤防について、国土交通省岡山河川事務所は8日、本格的な復旧工事に着手した。堤防の盛り土を増やして幅を従来の5倍に広げたり、コンクリート製のブロック護岸にしたりする。西日本豪雨と同等の雨が降っても決壊を防げるとしており、来年6月中旬までに完了する予定だ。【高橋祐貴】

 工事が始まったのは、国管理部分で決壊した倉敷市真備町地区の2カ所。高馬川との合流地点付近で約100メートルが決壊した場所では、7…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです