メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

泡殺鳥機、県が導入へ 発生時、30分で3万羽処理 /徳島

徳島県が導入する泡殺鳥機=同県提供

 1月に香川県で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は来年1月にも鶏舎内に泡を充満させて低酸素症で鶏を殺処分する「泡殺鳥機」を全国の都道府県で初めて導入する。発生リスクが高まる冬本番に、機材の拡充で備える。

 泡殺鳥機は米国製。国内では、手作業で鶏を密閉容器に入れて炭酸ガスで処分する方法が…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです