メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激流・トランプファースト

米司法長官を突如解任 民主「捜査中止狙い」

セッションズ氏=ロイター

 【ワシントン鈴木一生】トランプ米大統領によるセッションズ司法長官の解任を受け、野党の民主党は、ロシアの2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」の捜査を止めるのが狙いだと批判を強めている。6日の中間選挙では、大統領を弾劾する裁判に進むかを決める権限を持つ下院で民主党が多数派の地位を奪還。捜査の行方によっては、トランプ氏への弾劾手続きが本格化する。

 「失望した」「なぜ彼が何も行動を起こさないか理解ができない」。トランプ氏は、これまでセッションズ氏…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです