メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激流・トランプファースト

米司法長官を突如解任 民主「捜査中止狙い」

セッションズ氏=ロイター

 【ワシントン鈴木一生】トランプ米大統領によるセッションズ司法長官の解任を受け、野党の民主党は、ロシアの2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」の捜査を止めるのが狙いだと批判を強めている。6日の中間選挙では、大統領を弾劾する裁判に進むかを決める権限を持つ下院で民主党が多数派の地位を奪還。捜査の行方によっては、トランプ氏への弾劾手続きが本格化する。

 「失望した」「なぜ彼が何も行動を起こさないか理解ができない」。トランプ氏は、これまでセッションズ氏…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです