メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

無国籍の女性芸術家=西川恵

 <kin-gon>

 ランダ・マッダさん(35)はパリ国立高等美術学校で学ぶシリア人女性だ。しかし国籍がなく、当然パスポートも持っていない。身分を示す旅行証の国籍欄は「不明」とある。その彼女が第39期国際瀧冨士美術賞の国際グランプリを受賞し、来日した。

 東京都内で6日行われた授賞式で、内外の美術大学の学生17人が優秀賞を受賞。この中から日本人のグランプリ、外国人の国際グランプリの各1人が決まったが、ランダさんは作品と構想の存在感で審査員たちの絶賛を浴びた。

 「繊細な感性をもって、語られなくなったこと、忘れ去られていくことと戦う。これはアートの重要な役割で…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1018文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです