メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

中国の友人に告ぐ 力自制し徳ある大国に=アジア調査会会長・五百旗頭真

会談を前に握手する安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席=北京の釣魚台迎賓館で2018年10月26日、新華社・AP

 中国は今、その歴史の中で重大な局面に差しかかっている。中国はすでに大国であるが、やがて2超大国の一つとなることは間違いない。問題はどのような大国となるかである。どのような文明国になるか、と言い換えてもいい。それは、中国史にとってだけでなく、日本を含む周辺国にとっても、さらには人類史にとっても大きな問題である。そのことを中国の友人には考えてもらいたいと思う。

この記事は有料記事です。

残り2617文字(全文2797文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです