メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中間選挙後の世界2018

視点 米露対話の窓口確保を ユーリ・ドゥビーニン モスクワ国際関係大教授(国際関係論)

 米議会は直接、外交に携わる機関ではないので今回の選挙結果が米露関係に与える影響は大きくないだろう。特に閣僚や大使の指名承認に携わる上院については、与党の共和党が多数派を維持しており、根本的な問題は生じないと思う。野党の民主党が多数派を奪還した下院についても、指導部を若返らせる動きが出ていると聞いており、現時点ではどうなるのか明らかではない。

 現在の米露関係は不確実性が増している。例えばボルトン米大統領補佐官がロシアを訪れ、中距離核戦力(I…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです