メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中間選挙後の世界2018

視点 米露対話の窓口確保を ユーリ・ドゥビーニン モスクワ国際関係大教授(国際関係論)

 米議会は直接、外交に携わる機関ではないので今回の選挙結果が米露関係に与える影響は大きくないだろう。特に閣僚や大使の指名承認に携わる上院については、与党の共和党が多数派を維持しており、根本的な問題は生じないと思う。野党の民主党が多数派を奪還した下院についても、指導部を若返らせる動きが出ていると聞いており、現時点ではどうなるのか明らかではない。

 現在の米露関係は不確実性が増している。例えばボルトン米大統領補佐官がロシアを訪れ、中距離核戦力(I…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 「全員野球できた」鶴岡東主将、全力出し切り「悔いはない」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです