メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 7日・メキシコ市 進むルートに迷い

スタジアムのテントでくつろぐウレアさん(左)と妻シンディさん、長男ホルヘちゃん一家=メキシコ市で

 貧困と治安の悪化から逃れるため、ホンジュラス北部サンペドロスラから移民集団「キャラバン」に一家3人で参加したホルヘ・ウレアさん(24)。2日前からメキシコ当局が一時滞在用に準備してくれたメキシコ市内のスタジアムで休息し、米国への出発に備える。7日夜は、スタジアム中心の広場で、難民支援団体による説明会があった。

 メキシコの難民支援団体は、これまでも米国への移住希望者を支援してきた。女性がマイクを握り、パンフレットを配って難民認定手続きを説明。「認定されるのは、具体的に迫害の恐れがある人」「親族が米国にいれば有利だが、大半は米国で認定されず申請手続き中に拘束される恐れが強い」--。突き付けられる厳しい現実に、約100人の参加者は表情が険しくなったという。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです