メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

反転攻勢道険し IoT・インフラ、激しい競争 中期経営計画

 東芝は8日公表した5カ年の中期経営計画「ネクストプラン」で、7000人規模の人員削減や不採算事業からの撤退など、コスト削減を徹底する姿勢を鮮明にした。今後はインフラ分野やモノのインターネット(IoT)を利用したサービスなどで反転攻勢する意向だが、競争は激しく、収益の柱に育てる道は険しそうだ。

 「事業の選択と集中を完了した。過剰なリスクを取らない安定した事業モデルを築く」。東京都内で開いた記者会見で、車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は強調した。

 中期経営計画は大幅なコスト削減を打ち出した。7000人の人員削減のうち約1060人は早期退職を募る…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1237文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです