メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大栗博司さん=東京大IPMUの機構長に就任した物理学者

大栗博司(おおぐり・ひろし)さん(56)

 宇宙はどのようにして始まり、これからどうなるのか--誰もが抱くこうした問い掛けの解明に、数学者と物理学者、天文学者が協力して挑む東京大カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU、千葉県柏市)の2人目の機構長に10月就任した。

 少年時代、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹の伝記を読んで、物質の基本を扱う素粒子論に興味を抱いた。京都大大学院にいた1980年代半ば、素粒子が「点」ではなく、「ひも」だと考える「超弦理論」に魅了された。以来、宇宙を記述する最終理論とも言われるこの考え方の最前線を切り開いてき…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです