メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシック・ヨコハマ

100を超えるステージ 若い才能、開花の時

(左から)渡辺一正さん(C)満田聡、金子三勇士さん(C)Ayako Yamamoto、前橋汀子さん(C)篠山紀信

 <生きる 小児がん征圧キャンペーン>

 港町横浜が若い才能の息吹に包まれる「クラシック・ヨコハマ」の季節がやってきた。全日本学生音楽コンクール(学コン)全国大会の横浜市開催を契機に、若手音楽家の支援を目的として始まったこの催しは、今回で12回目。今月から来年1月まで、学コン入賞者を中心とした若手と著名な演奏家らによる100回以上のステージが開催される。【田口幸、鈴木隆】

 クラシック界の未来を担う才能が見いだされる場所、それが11月29日から12月5日まで横浜みなとみらいホールで開催される「全日本学生音楽コンクール全国大会in横浜」だ。戦後間もなく、音楽を志す児童・生徒を対象に創設されて今回で72回目。前橋汀子さん、諏訪内晶子さん、庄司紗矢香さん、故・中村紘子さんなど、世界的ソリストや優れた演奏家を輩出してきた国内屈指のコンクール。今年も地区大会を勝ち抜いてきた学生たちがその輝きを競い合う。

 前年の学コン1位の演奏者が勢ぞろいするのが、11月17日に同市戸塚区の区民文化センターさくらプラザで開かれる「第71回全日本学生音楽コンクール1位入賞者によるコンサート」。出演者が「この1年間の成長を聴いてほしい」と意気込む里帰り公演で、この演奏会から国際舞台に羽ばたく人材も多い。才能のつぼみが花開く姿をこのステージで目撃してほしい。

この記事は有料記事です。

残り3067文字(全文3636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです