メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ハラル食 大手チェーンでも

ムスリムの人たちが多く訪れるカレー専門店CoCo壱番屋ハラール秋葉原店=東京都千代田区で、林奈緒美撮影

 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、急増する訪日外国人を呼び込もうとする動きが飲食業界で広がっている。多様な宗教や信条を持つ外国人客に対応し、新たな顧客を獲得したい考えだ。

 ●ココイチは店ごと

 3連休最終日の10月8日午後3時。東京・秋葉原にあるカレー専門店「CoCo壱番屋ハラール秋葉原」の店内は、スカーフ姿の女性ムスリム(イスラム教徒)らでにぎわっていた。店は、壱番屋(愛知県一宮市)が食の戒律を持つムスリムに対応しようと昨年9月に開いた1号店だ。

 世界で約16億人に上るとされるムスリムは、イスラムの戒律に従って酒や豚肉の飲食を禁じられており、牛や鶏などほかの食肉も特別な方法で処理したもの以外は食べられない。宗教上許された食べ物は「ハラルフード」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文2022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです