メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大寺東塔跡

回廊、再建で丈夫に 鎌倉時代に「単廊」

東大寺・東塔院回廊の北東隅で見つかった奈良時代の複廊の遺構=奈良市の東大寺で2018年11月8日、大川泰弘撮影

 奈良市の東大寺東塔跡の発掘調査で、塔の周りの回廊が、奈良時代には4面とも壁を挟んで2本の通路が並ぶ「複廊」だったが、鎌倉時代の再建で一部が「単廊」に変更されていたことが分かった。東大寺と奈良文化財研究所などの調査団が8日、発表した。東大寺は鎌倉再建の際、大陸の技術を導入し、より堅固な「大仏様(だいぶつよう)」を東西の塔や大仏殿などに取り入れたが、回廊もこの様式で再建したとみられる。

 東塔は高さ70~100メートルの七重塔だったと伝わる。奈良時代に創建されたが、1181年の平家の南…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです