メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

家庭に眠る絵本で「図書館」 寄付1000冊、親子ら読み聞かせ/妊婦や父親講習も

子どもたちに絵本を読み聞かせる母親たち=大阪市東淀川区のちいさな絵本図書館ちっちゃぶっくすで、用貝成子撮影

 子どもの成長後、家庭に眠る絵本を生かす取り組みが各地で行われるようになった。大阪市東淀川区では今春、主に一般からの寄付で集まった約1000冊の絵本を収めた「小さな絵本図書館 ちっちゃぶっくす」がオープンし、幼児や園児に絵本を読み聞かせる母親らで連日、にぎわう。

 ちっちゃぶっくすは、東淀川区が「絵本読み聞かせ事業」の一環として、市内外で保育園などを経営する「なーと」(和泉誠代表)に運営を委託。今年4月に開館した。これらの保育園で、保護者から「読み聞かせをしたいが近くに図書館がない」「子連れで気軽に行ける場所が少ない」などの…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです