メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY原油

60ドル台、8カ月ぶり安値 供給過剰を警戒

 8日のニューヨーク原油先物相場は9営業日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しが前日比1.00ドル安の1バレル=60.67ドルと、3月上旬以来8カ月ぶりの安値で取引を終えた。

     米国など主要産油国の生産増加で、世界的に供給過剰になるとの警戒感が強まり、売り注文が加速した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです