福井

かこさとしさん遺作絵本「みずとはなんじゃ」店頭に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
卒寿を祝う会でのかこさとしさん=神奈川県藤沢市で2016年3月、木村葉子撮影
卒寿を祝う会でのかこさとしさん=神奈川県藤沢市で2016年3月、木村葉子撮影

 今年5月に92歳で死去した絵本作家、かこさとしさんの遺作が8日刊行され、福井県内の書店にも並んだ。絵本「みずとはなんじゃ?」(小峰書店、1620円)で、病床のかこさんが原作とラフ画を担い、絵本作家の鈴木まもるさんが仕上げた。豊かな里山の広がる福井県国高村(現越前市)で生まれたかこさんらしく、自然との共生を呼びかける一冊となった。【塚本恒】

 水が水蒸気や氷に変化する様子や地球上で循環する仕組みを描いた全32ページ。「だるまちゃん」シリーズや「からすのパンやさん」など愛らしいキャラクターが登場する絵本だけではなく、コウノトリや消化の仕組み、宇宙など自然や科学の基本を分かりやすく紹介してきたかこさんらしい仕上がりとなった。特典で絵本のラフ画や執筆の経緯などを紹介した冊子も付いている。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文664文字)

あわせて読みたい

注目の特集