メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運搬方法

モアイ像のウオーキング理論実験 愛知の学生

発泡スチロール製のモアイ像の運搬実験を行う人間環境大学岡崎キャンパスの学生たち=愛知県岡崎市で2018年11月2日午前9時50分、亀井和真撮影

 イースター島のモアイ像の運搬方法に関する仮説を、人間環境大学岡崎キャンパス(愛知県岡崎市本宿町)の学生たちが実証実験で確かめた。高さ2メートル、重さ約10キロの発泡スチロール製モアイ像を、ロープを使って歩くように前進させた。

 太平洋に浮かぶチリ・イースター島のモアイ像は、人面を模した石造彫刻で知られる。最大で高さ20メートル、重さ75トンという石像を石切り場から海辺などにある台座までどのように運んだかなど、多くの謎に包まれている。

 実験は今月2日、同大人間環境学部環境科学科の武田淳講師(36)=文化人類学=が授業の一環として行っ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです