メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
運搬方法

モアイ像のウオーキング理論実験 愛知の学生

発泡スチロール製のモアイ像の運搬実験を行う人間環境大学岡崎キャンパスの学生たち=愛知県岡崎市で2018年11月2日午前9時50分、亀井和真撮影

 イースター島のモアイ像の運搬方法に関する仮説を、人間環境大学岡崎キャンパス(愛知県岡崎市本宿町)の学生たちが実証実験で確かめた。高さ2メートル、重さ約10キロの発泡スチロール製モアイ像を、ロープを使って歩くように前進させた。

 太平洋に浮かぶチリ・イースター島のモアイ像は、人面を模した石造彫刻で知られる。最大で高さ20メートル、重さ75トンという石像を石切り場から海辺などにある台座までどのように運んだかなど、多くの謎に包まれている。

 実験は今月2日、同大人間環境学部環境科学科の武田淳講師(36)=文化人類学=が授業の一環として行っ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文631文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです