メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島

ゴッホの消えた自画像、陶板で再現 大塚国際美術館

ゴッホの「タラスコンへの道を行く画家」を再現した陶板複製画=鳴門市の大塚国際美術館で2018年11月8日、大坂和也撮影

 ゴッホ(1853~90年)唯一の全身自画像で、1945年ごろ所在不明となった名画「タラスコンへの道を行く画家」(1888年)を、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)が陶板複製画で再現した。今月3日から常設展示されている。実物を所蔵していたドイツの博物館が提供した1930年代のものとみられる写真を基に制作し、当時の額縁も再現した。同じ作品を2点つくり、この博物館に1点を寄贈するという。【大坂和也】

 作品は縦48センチ、横41.8センチの油絵で、複製画はゴッホの「ヒマワリ」全7点をそろえたスペース…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです