メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元女性誌編集者

里子との生活を発信 喜び、反抗期に共感

「Tokyo里親ナビ」の運営を担当する小泉麻子さん=東京都新宿区で2018年11月1日午後3時38分、藤沢美由紀撮影

 親元で暮らせない子を家庭で預かる里親制度を知ってもらおうと、実際の暮らしぶりを伝えるウェブサイト「Tokyo里親ナビ」(https://www.tokyo-satooyanavi.com/)が10月に開設された。運営を手掛けるのは元女性誌編集者の乳児院職員らで、里親へのインタビューなどを通して広く共感してもらえるための工夫を凝らしている。

     国内では親元で暮らせない約4万5000人の子どもの約8割が施設で生活し、里親委託率は約18%と欧米に比べて低い。国は昨年、就学前の子どもの里親委託率を75%にする目標を掲げたが、共働き夫婦や子育て経験がない人も里親になれるなどの制度は十分に知られていない。

     ナビサイト開設の狙いは「里親の可視化」。東京都の事業委託で里親制度の普及に取り組む民間3団体が共同運営し、実務は二葉(ふたば)乳児院(新宿区)で「里親開拓コーディネーター」を務める小泉麻子さんが担当する。新聞記者として虐待や社会的養護などを取材し、その後に女性誌の編集者をした経歴の持ち主だ。

     小泉さんは、読者のターゲットを絞り、いかに共感を呼ぶメッセージを届けて商品を買う行動につなげさせるか、という雑誌の手法を取り入れた。20~40代の女性を想定し、写真やイラストを多用して柔らかな印象に。里親たちのインタビュー記事「里親Story」では、誕生日に里子から手紙をもらう喜び、けんかや反抗期、実子と里子の関係など、実際の生活の様子がイメージできるエピソードを紹介した。

     「Q&A」やイベント案内、養子縁組制度を紹介するコーナーもある。内容は随時更新し、会員制交流サイト(SNS)も活用する予定という。小泉さんは「サイトを見て里親になりたい人が増え、子どもが温かな家庭で育つ一歩になれば」と期待する。【藤沢美由紀】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです