メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記録映画

機材進化、1人でも良質作品 裾野広がる

今年7月にミャンマーの寺子屋を撮影する慶応大生の久保田徹さん(右)=久保田徹さん提供

 高性能のデジタルカメラなどの普及で、ドキュメンタリー映画を製作する人が増えている。「地味でヒットしない」というイメージはかつてのもので、劇場公開に至る作品も多い。増加する作品を見てもらう機会を拡大しようと、新しいドキュメンタリー映画祭も開催されることになった。【川上珠実】

 慶応大4年の久保田徹さん(22)は1月、ロヒンギャ難民の子どもたちのために学校を作ろうとする難民男性を追った短編作品「祈りの果てに」(28分)を作った。家族を殺され、故郷を追われた子どもたちに、男性が「あなたたちには復讐(ふくしゅう)ではなくて勉強を教えたい」と語りかける姿にカメラを向けた。

 久保田さんは3年前から一眼レフの動画機能を使った撮影を始め、過去の作品は動画投稿サイト「ユーチュー…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1237文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです