メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録映画

機材進化、1人でも良質作品 裾野広がる

今年7月にミャンマーの寺子屋を撮影する慶応大生の久保田徹さん(右)=久保田徹さん提供

 高性能のデジタルカメラなどの普及で、ドキュメンタリー映画を製作する人が増えている。「地味でヒットしない」というイメージはかつてのもので、劇場公開に至る作品も多い。増加する作品を見てもらう機会を拡大しようと、新しいドキュメンタリー映画祭も開催されることになった。【川上珠実】

 慶応大4年の久保田徹さん(22)は1月、ロヒンギャ難民の子どもたちのために学校を作ろうとする難民男性を追った短編作品「祈りの果てに」(28分)を作った。家族を殺され、故郷を追われた子どもたちに、男性が「あなたたちには復讐(ふくしゅう)ではなくて勉強を教えたい」と語りかける姿にカメラを向けた。

 久保田さんは3年前から一眼レフの動画機能を使った撮影を始め、過去の作品は動画投稿サイト「ユーチュー…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1237文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです