京大

パーキンソン病治験、iPS初の移植

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
iPS細胞を使ったパーキンソン病治療
iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。医師主導の臨床試験(治験)として、今年8月から準備を進めていた。治験で有効性や安全性を確認し、早期の保険適用を目指す。

 京大病院によると、京大が作製・備蓄している他人由来のiPS細胞から作った神経前駆細胞を、患者の左脳に約240万個注射して移植した。手…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集