慰安婦記事訴訟

元朝日記者の請求棄却 札幌地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
札幌地裁=札幌市中央区で、竹内幹撮影
札幌地裁=札幌市中央区で、竹内幹撮影

 従軍慰安婦についての記事を「捏造(ねつぞう)」とされ名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏(60)が、ジャーナリストの桜井よしこ氏(73)や桜井氏の論文を掲載した「週刊新潮」の発行元・新潮社など出版3社に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、札幌地裁(岡山忠広裁判長)は9日、請求を棄却した。植村氏側は控訴する方針。

 岡山裁判長は「植村氏が事実と異なることを執筆したと桜井氏が信じる相当の理由があり、桜井氏が論文を書いた目的には公益性があった」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集