メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

イチロー、21世紀最高のFA 松井も選出

左からマリナーズのイチロー外野手(2001年撮影)、ヤンキースの松井秀喜外野手(2003年撮影)=共同

 米大リーグの公式サイトは8日までに各球団が締結した21世紀最高のフリーエージェント(FA)契約を特集し、マリナーズのイチロー、ヤンキースの松井秀喜両外野手を選出した。

 イチローは2001年にプロ野球・オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍。3年総額1400万ドル(約16億円)でサインしたとされ、1年目に最優秀選手、新人王、首位打者に輝くなど契約期間中に毎年オールスター戦に選ばれた。

 松井は03年に3年総額2100万ドルで巨人からFA移籍し、3年間で70本塁打を放った。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです