メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

復帰の高橋大輔、再び輝き「自分のために」

フィギュアスケートの西日本選手権男子フリーで演技をする高橋大輔=名古屋市南区の日本ガイシアリーナで2018年11月4日、大西岳彦撮影

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)=関大KFSC=が4年ぶりの現役生活を順調に滑り出した。7月に復帰を表明すると、国内2大会で右肩上がりの結果を残し、来月の全日本選手権(大阪)の出場権をつかんだ。ブランクをはねのけ、再び輝きを放ち始めた。【福田智沙】

 名古屋市で3、4日にあった西日本選手権。高橋はフリーの演技で軽やかにステップを踏み、トリプルアクセル(3回転半)を2本成功させた。復帰戦となった先月の近畿選手権(3位)からジャンプを修正して優勝。「意欲が湧く。どこまで成長できるか希望を持てる」。拍手を浴び、心地いい汗を流した。

 昨年の全日本選手権は、テレビキャスターとしてリンクにいた。輝いていたのは、平昌五輪の代表切符を争う…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです