メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

今年のスポーツ名場面を振り返る「鼓動」が開幕

開幕したAJPS報道展2018「鼓動」=2018年11月9日、カメラマンの小城崇史さん撮影
AJPS報道展2018「鼓動」から=カメラマンの藤田孝夫さん撮影
AJPS報道展2018「鼓動」から=カメラマンの岸本勉さん撮影
AJPS報道展2018「鼓動」から=カメラマンの高須力さん撮影

 平昌冬季オリンピックで金メダルに輝いたフィギュア男子羽生結弦選手やスピードスケート女子、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会での日本代表の躍進、アジア大会での日本選手団の活躍・・・。2018年に開かれた世界的なスポーツイベントの名シーンを振り返るスポーツ写真展「鼓動」が、9日から東京・新宿のオリンパスギャラリーで始まった。一般社団法人日本スポーツプレス協会(AJPS、赤木真二代表理事)の主催。

     世界のさまざまな試合会場に足を運んだスポーツカメラマン58人による力作が、プリント131点、2台の大型モニターによるスライドショー74点の205点展示されている。

     AJPSには、カメラマンだけでなくライターも所属しており、写真展だけでなく、生島淳さん、杉山茂樹さんらスポーツライターや、カメラマンによるトークイベント(無料)が、10日から4日間連続で開催される。

     トークイベントのスケジュールとテーマは次の通り(敬称略)。

    10日(土)

     午後1時~ 生島淳「スポーツが好きだから、撮る、書く」

     午後3時~ 竹澤哲「クリスティアーノ・ロナウドは幸せになったのか?」

     午後5時~ 薬師洋行「オリンピックと祇園祭」

    11日(日)

     午後1時~ 増島みどり「日本のスポーツ界に続く不祥事 東京に向けどう取り組むか」

     午後3時~ 宮崎恵理「パラスポーツが見つめる2020 東京、その先の未来」

     午後5時~ 杉山茂樹「旅とスタジアム論」

    12日(月)

     午後5時~ 矢内由美子「世界体操2018 の結果から東京五輪を占う」

    13日(火)

     午後5時~ 山口和幸「ツール・ド・フランス現場雑感」

     AJPSは1976年に、フリーランスのカメラマン・ライターらスポーツジャーナリストが集まって発足した。海外在住会員を含め184人の会員(2018年11月現在)が所属、さまざまな取材活動を展開している。

    会場はオリンパスギャラリー東京(東京都新宿区西新宿1の24の1)

    JR新宿駅西口地下改札を出て地下ロータリー左側を都庁方面に徒歩約5分。午前11時から午後7時(最終日は午後3時)。14日まで。入場は無料

    主催:一般社団法人日本スポーツプレス協会

    後援:スポーツ庁、公益財団法人日本オリンピック委員会

    協力:公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
    5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです