メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍機トラブル

防衛省、飛行安全に向けて米側と初会合

 沖縄県内で1月に相次いだ米軍機のトラブルを受け、自衛隊と在日米軍は8日、安全確保に向けた当局者間の初会合を開いた。日本側は、これまで求めていた米軍普天間飛行場(宜野湾市)への自衛官立ち入りを取り上げなかった。

     防衛省の担当者は会合後、記者団に「(1月の件だけに)焦点を当てるよりも、むしろ日米全体の飛行安全について相互理解を深めていく。仕切り直した」と語った。今後の会合で自衛官派遣を扱うかは明言を避け、「実現するかもしれない」と煮え切らない説明に終始した。

     小野寺五典防衛相(当時)が1月末に自衛官派遣を表明したが、米軍の拒否でたなざらしになっていた。10月2日に就任した岩屋毅防衛相は記者会見で「できるだけ早く(立ち入り)日程を調整させたい」と述べていた。【木下訓明】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
    5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです